理解しよう!ランチェスター戦略

検索結果の上部か下部に打ち込んだ検索キーワードと一緒によく出現する言葉を検索エンジンによる関連キーワード表示とは、関連検索キーワードとして検索エンジンが表示することです。

 

さらにこのようなロングテール化は進むので費用対効果からするとビッグキーワードでのSEO対策はだんだん需要が減っていくのではないかと思います。それでは、SEO対策は必要がないかというとそうではなく、これはSEOの目的が変化すると思います。
検索結果上位表示をターゲットキーワードにて狙うことを一般的にSEO対策といいますが、リンク数を以前のような不自然でも無理やり増やせばいいと いうSEO対策は早くからGoogleでは通用しなくなっていました。その後、YahooがGoogleの検索エンジンを2010年末に導入したので、 Yahooでも通用しなくなりました。

 

ドメイン年齢やサイトの更新頻度やボリュームなどが現在の検索結果順位を見ると検索結果順位に大きく反映されているように思います。要は昔からあるサイトで新しいドメインのサイトが検索結果上位に来ているサイトを抜かして検索結果が突然上位に出現という現象は期待できなくなったということです。
検索結果上位を実現してSEO対策を行う目的は顧客を得たいということだと思います。

 

『ホテル』というような単一キーワード検索ではなく複数語検索とは、 『東京 ホテル』 というように検索を地域キーワードを追加してしたり、複数語で『東京 ホテル 当日予約』 などのように検索することです。より的確に複数語検索は検索結果を導き出せるので時間が短縮できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ