理解しよう!ランチェスター戦略

トップページの上位表示を諦めたからといって、アクセスが何も集まらない訳ではありません。
トップページが検索数の多いキーワードで上位表示をされると確かに破壊力はあります。
1000アクセスをトップページ1ページで集めるのも、それぞれ100 ページの下層ページが10アクセスずつ獲得するのも全く同じ事です。

 

商品にもちろんトップページよりも直に結びつきやすい下層ページにアクセスを 集めたほうが必然的に成約率も高まります。そう考えた場合、トップページ1ページで1000アクセス集めるのよりも、価値的には100ページの下層ページ が10アクセスずつそれぞれ獲得したほうが売上がアップをするという事になります。

 

100サイトなどという数量がサテライトサイトの数量にあって「こんなに何で必要なんだ?」と思われた方も多いと思いますが、2〜3サイトを 1ページに対しのリンク用として大抵のときは購入をしているケースが多いのです。
はじめは無理をせずにもちろん5サイト〜、10サイト〜で様子をみても良いと思います。
とても困難なケースもあるとおもいます。

 

売上が相当立つ事も多いです。しかしながら、難易度が高く、実現を短期間で するには難しい時も多くあります。

 

それを勿論加味した上で、競合調査を行い、キーワードを他社の隙間をかいくぐるみたいなものを見付け出したのなら別です。 しかしキーワードは業界により既に飽和状態。

 

商品サイトの場合、下層ページはメーカーから提供されている文章や写真などを使用する事も出来ますが、順位がそれではあがりません。動 画、写真、テキストを自社オリジナルで準備して下さい。オリジナルテキストを書くのは最初は難しいかもしれませんが、自分なりのその商品を見た感想などを加えるだけで、オ リジナル性は増します。ぜひトライしてみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ