理解しよう!ランチェスター戦略

ビッグワード単体ほどの複合キーワードは検索量はありませんが、競争の率が低いため、上位表示を簡単に狙う事ができます。
また具体的に条件やターゲット、目的を限定するため、成約の率の高いコンテンツにマッチした閲覧者がやってきます。

 

ビッグキーワード単体の検索より、大体のウェブサイトの訪問者は、星の数ほどの複合キーワードによる検索からやってきます。
なので、どれだけ複合キーワードによる訪問を増やせるかが、ホームページのアクセスアップでは重要視されます。これをロングテールSEO対策と言います。

 

サイトの基盤が完成をし、被リンク対策を相互リンク等である程度出来たら、複合キーワードの検索によるアクセスを増やすべく、あとはもう、ドンドン自サイトのロングテールSEO対策するのみです。
100万回以上月間で検索されるキーワードで、検索エンジンに自サイトが上位表示されていても、累計でその検索からは1000名程度しかアクセスを稼げない、ということは珍しくありません。

 

ビッグキーワードとはひとつの単語で成り立つ、競合性の高い検索キーワードを言います。
一方で「英会話 子供」というように、キーワード検索を2つ以上の語でする場合、複合キーワードとそれらを呼びます。
最終的に自分のサイトがおおきく稼げるかどうかは、どれだけロングテールSEO対策を実行できるかで決まります。


ホーム RSS購読 サイトマップ