理解しよう!ランチェスター戦略

兵力数が少ない場合、法則によると、勝つ可能性が武器効率を上げることによってあります。一般に、鉄砲隊の活用や、新兵 器の開発など武器効率を上げることで織田信長は、勝利を収めてきたと言われています。
ランチェスター法則は、精神論や情緒論を戦いの場から排除して、明確に戦いのルールを提示したものであると言えます。
俗に「一騎打ちの法則」と「確率戦の法則」とF・W・ランチェスターが発見した2つの法則は呼ばれています。個人対個人の戦いに第一法則はあてはまるもので、集団対集団の戦いに第二法則は、あてはまります。

 

この二つの法則から導き出せるのは、兵力の数が戦闘においては、非常に重要であるという単純な原則です。要するに、殆ど兵力数の多い方が、勝利を収めるということです。
しかも、確率戦においては、第二法則によると、兵力数の差は、二乗となって影響します。 兵力数の差は、集団の戦いになれば、ほとんど決定的な要因として勝ち負けに影響します。非常によくこのあたりのことを理解していたのが、戦国武将の豊臣秀吉であったと言われます。
戦闘の前に秀吉は、入念な調査を行い、自軍より敵の兵力数が少しでも多ければ、戦おうとは決してしませんでした。秀 吉は、この単純なルールを守ることによって、連戦連勝を誇ったのです。兵力数が少ない場合、それでは、勝ち目はないのでしょうか。 そうではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ