理解しよう!ランチェスター戦略

PEST分析をマクロ環境を分析する際には行うといいでしょう。PEST分析とは政治(Politics)、経済 (Economy)、社会(Society)、技術(Technology)という4つの観点から企業を取り巻く外部環境を分析を行う手法です。競合企業や顧客だけでなく、企業は 多大な影響を法律や景気変動、ライフスタイルの変化、技術革新などの外部環境にも受けます。政治・経済・社会・技術を分析し、そこで将来的な変化を予測し ておくことは重要なポイントとなるのです。
どのような対象を、どのようにマーケティングにおいては分析する必要があるのでしょうか?

 

まず、ビジネスに関わる全ての対象を、分析対象についてはモレなくダブリなく分析しなければなりません。自社はもちろんのこと、争いを市場で繰り広げる競 合企業や商品やサービスの販売対象となる顧客、仕入れ先や流通企業などの協力業者、景気を含めた他にもマクロ環境など対象は多岐にわたります。型にはまった分析方法を活用すれば、どのように 分析していいか分からない場合、モレなくダブりなく初心者でも環境分析を行うことも可能です。

 

たとえば、4C分析という方法が自社・競合企業・顧客・協力企業を分析する際には、活用できます。自社(Company)、競合企業 (Competitor)、顧客(Customer)、協力業者(Cooperator)の頭文字をとって4C分析とは名付けられた分析手法。 SWOT分析(Strength[強み]、Weakness[弱み]、Opportunity[機会]、Threat[脅威])を通してこの4C分析では、競合企業の強みや 弱みを把握したり、自社のビジネスモデルを4P分析を通して確認したり、市場の動向を顧客分析を通して把握したりと、詳細な事業に関わる環境を知ることが 可能になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ